GIGAMASK

プラネタリウムの投影恒星数で世界最多となる、10億個以上を実現する超精密恒星原板「GIGAMASK(仮称、ギガマスク)」を、株式会社ソニーDADCジャパン(以下ソニーDADCジャパン)と共同開発しました。「GIGAMASK」の光学的仕様は従来型の「MEGASTAR」と互換性が保たれており、新設は勿論のこと、「MEGASTAR-IIA」以上の機種を保有する既設導入館の「GIGAMASK」へのアップグレードも可能です。
「GIGAMASK」は、大平技研が保有するプラネタリウム技術と恒星データ処理技術、そしてソニーDADCジャパンが保有する超精密パターニング技術を合わせて開発されたものです。ソニーDADCジャパンのブルーレイディスクに代表される大容量高密度光ディスクマスタリング技術を駆使し、世界最小となる直径200nm(200ナノメーター=1万分の2mm)という極微穴加工技術の開発に成功。これを用いて、1等星から20等星までの微光星を正確に再現することが可能となりました。これにより全天に映し出される星の数はおよそ10億個に達します。
大平技研では、1998年に従来比100倍以上に相当する恒星数170万個(未完成状態の150万個で発表)の光学式プラネタリウム投影機「MEGASTAR-I」を発表※1。人工の星空を世界で初めて「メガ」領域に到達させ、2004年には日本科学未来館に設置した恒星数560万個の「MEGASTAR-II cosmos」がギネスワールドレコーズに認定されるなど、プラネタリウム技術の最先端を切り開いてきました。今回、10億個を超える「ギガ」領域を達成することで、再びプラネタリウムの歴史を塗り替えることになります。
※1 大平技研設立は2005年であり、1998年は法人設立前の大平貴之個人開発による。

 

WORKS に戻る