はまぎん こども宇宙科学館

世界最多となる約12億個の恒星を投影する超精密恒星原板「GIGAMASK」、および、これまでの光学式プラネタリウムが抱えていたジンバルロックによる不自然な動きを回避した、世界初の揺り籠式4軸制御技術「SWING AXIS / Ohira Tech – Gimbal Lock Free Technology」を搭載した新型光学式プラネタリウム投影機「MEGASTAR-IIA」を納入しました

アストロアーツ社製のデジタルプラネタリウム「ステラドーム・プロ」とのハイブリッド構成で、光学式によるこれまでにないシャープでリアルな星空と、デジタルプラネタリウムがスムーズに融合した多彩な星空表現を実現しす。

また、光学式の太陽・月投影機に加え、新開発したドームエッジ設置型のXY方式惑星投影機も国内初設置。これまで光学式の惑星投影機はドーム中央に設置されていましたが、独自に開発したドームエッジ式により、客席スペースを圧迫せず、ドーム内のスペースをさらに有効活用することが可能です。

2022年12月1日(木)にリニューアルオープンします。

INFORMATION

施設名称 : はまぎん こども宇宙科学館
所在地 : 〒235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
TEL:045-832-1166
機種: MEGASTAR-IIA(ES) GIGAMASK+SWING AXIS搭載機、太陽・月投影機、XY方式惑星投影機、
    NanoDimmer(2016年9月納入)
ドーム直径: 23m 傾斜型ドーム
納入年月日: 2022年12月

WORKS に戻る