Bohyunsan Astronomical Science Museum/普賢山天文科学館(韓国)

Bohyunsan Astronomical Science Museum(普賢山天文科学館)は2019年、「MEGASTAR-Neo」とFront Pictures社(ウクライナ)によるデジタル投影システム「Screenberry」天文シミュレーター「SpaceTime360」ハイブリッドシステムを導入し、リニューアルオープンしました。天文科学展示や望遠鏡も備えており、韓国天文研究院が運用するBohyunsan Optical Astronomy Observatory(普賢山天文台)の近くに位置しています。普賢山は韓国で星が最もよく見える場所と言われています。

MEGASTAR+SpaceTime360のハイブリッドシステムは世界初導入となります。

 

 

INFORMATION

施設名称 :Bohyunsan Astronomical Science Museum/普賢山天文科学館(韓国)
所在地 : 681-32 Byeolbit-ro, Hwabuk-myeon, Yeongcheon-si, Gyeongsangbuk-do, Republic of Korea
     大韓民国慶尚北道永川市
電話: +82-(0)54-330-6447
機種: MEGASTAR-Neo
ドーム直径: 8m 水平ドーム
システムインテグレーター: METASPACE(韓国)
納入年月日: 2019年12月

WORKS に戻る