※会期変更※ TeNQ企画展『星の瞬く部屋 by PLANETARIUM MEGASTAR』 2021/3/12~5/9 宇宙ミュージアムTeNQ/東京ドームシティ

EVENT 2021.02.26

【2021/2/26追記】

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言による企画展の会期変更に伴い、延期となっておりました大平貴之のトークショー、4月4日(日)での開催が決定しました!優先席引換券付チケットは、3月1日(月)~セブンチケット限定販売です。
※当時予定されていた2月14日(日)のトークショーチケットでは今回のイベントはご覧頂けませんのでご注意ください。(※チケットの払戻しは2/20で終了しました)

 

【2021/2/4追記】

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長に伴い、下記イベントの会期が2021年3月12日(金)~5月9日(日)に変更になりました。

これに伴い2月14日(日)に予定されていた大平貴之トークショーも延期となります。新たな開催日が決まり次第、TeNQ HPおよび大平技研HPにてお知らせいたします。(※チケットの払戻しは2/20で終了しました)

先に発令された緊急事態宣言を受け、開始日が2月4日(木)から2月6日(土)に変更になっておりましたが、さらなる延期となります。営業時間等の詳細はこちらをご確認ください。4歳未満の方も一緒に入館できる「TeNQファミリーデー」の日程はこちらになります。

開催を心待ちにしておられた皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解・ご協力いただきますようお願いいたします。

※今後の社会状況により、更に変更になる場合がございます。最新の状況は、公式ホームページでご確認ください。

 

【2020/12/16記載】

東京ドームシティの黄色いビル(6F)にある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)の企画展示室にて、2021年2月4日(木)~4月18日(日)3月12日(金)~5月9日(日)の期間、『TeNQ企画展 星の瞬く部屋 by PLANETARIUM MEGASTAR』を開催します。

本展では、天の川までも一粒一粒の星の集まりとして映し出し、本物の星空が持つ奥行きと広がりの再現を可能にしたプラネタリウム「MEGASTAR」による空間演出や、東京ドームシティを模したジオラマを使ったプロジェクションマッピングで都会の夜を再現します。さらに、新開発の技術による、世界一リアルな流れ星も出現。TeNQでしか体験できないロマンチックな星空の美しさと、人々の営みが垣間見える東京の夜景をお楽しみいただけます。「MEGASTAR」開発者でプラネタリウム・クリエーターの大平貴之が開発した歴代プラネタリウムや、開発秘話を紹介するパネル展示のほか、大平が展示の見どころを解説するトークショーなども実施します。

   

 

■主な展示内容

◇ジオラママッピングゾーン

東京ドームシティを模したジオラマにプロジェクターで映像を投影し、プロジェクションマッピングのような演出で東京ドームシティ付近の夜景や星空を表現します。また、東京の夜景について大平貴之からのメッセージをパネルで紹介します。

◇夢幻宇宙ゾーン(MEGASTARシアター)

「MEGASTAR-IIB」による星空演出で、宇宙空間を漂うような感覚を体験できます。

 

■関連イベント

◇歴代プラネタリウム機展示

期間中、大平貴之がこれまでに開発・製作してきたプラネタリウム機を一部展示するほか、開発秘話をパネルで紹介します。

場   所: イマジネーションエリア

◇アロマ体験

土日祝日の夕方以降は、企画展をイメージしたオリジナルアロマをお楽しみいただけます。また、展示室で体験できるものと同じ香りのアロマオイルを「TeNQ宇宙ストア」にて販売します。

期   間: 開催期間中の土日祝 16:00以降

場   所: 企画展示室

商   品: TeNQオリジナルアロマオイル「Starry Room -東京の星空を君に-」(5ml)  1,210円(税込)

◇大平貴之トークショー
大平貴之が企画展の見どころについて解説するほか、「MEGASTAR」開発までの過程をお話しします。

開催日時: 2021年2月14日(日)4月4日(日) 14:00~15:00

※緊急事態宣言の延長に伴い、2月14日(日)に予定しておりましたトークショーは4月4日(日)に延期となりました。

2月14日(日)のトークショーチケットでは今回のイベントはご覧頂けませんので、ご注意ください。(※チケットの払戻しは2/20で終了しました)

場所: イマジネーションエリア 眺めルーム

チケット:2021年3月1日(月)10:00~4月3日(土)23:29発売

※先着順、なくなり次第終了

   

 

<大平貴之(プラネタリウム・クリエーター)>

1970年、神奈川県生まれ。日本大学在学中に、個人製作は不可能といわれていたレンズ投影式プラネタリウム「アストロライナー」の開発に成功。1998年、従来の数百倍にあたる投影星数150万個の「MEGASTAR」をIPS(国際プラネタリウム協会)ロンドン大会で発表し、話題に。

2004年、日本科学未来館に設置した投影星数560万個の「MEGASTAR-IIcosmos」が「世界一先進的なプラネタリウム」としてギネスワールドレコーズに認定された。2005年、有限会社大平技研設立。世界中の科学館に「MEGASTAR」を設置する他、イベントプロデュースやアーティストとのコラボレーションを積極的に行うなど、プラネタリウムの新たな世界を切り開き続けている。

 

 

 

【宇宙ミュージアムTeNQ 施設概要】

◇営業時間:こちらをご確認ください。

※最終入館は閉館の1時間前まで

※営業時間は状況により変更する場合あり。施設状況をご確認の上、ご来場ください

◇入館料:一般1,800円、学生1,500円、4歳~中学生1,200円、シニア(65歳以上)1,200円

※事前購入割引あり(期間指定引換券を公式サイトからのオンライン、またはセブンチケットで販売中)

※入館は15分ごと。ファミリーデーを除く、4歳未満の入館不可

※TeNQでは、お客様とスタッフの安全・安心を守るために、業界団体のガイドライン等に準じた感染予防対策を実施しております。
詳細は、TeNQ公式ホームページにてご確認ください。

 

【使用機材】

■プラネタリウム「MEGASTAR」

プラネタリウム・クリエーター 大平貴之(大平技研、代表取締役)によって生み出されたプラネタリウム投影機シリーズのブランド名称。1998年、世界で初めて100万個以上の星を投影することに成功。2004年、日本科学未来館に設置した「MEGASTAR-II cosmos」が「世界で最も先進的なプラネタリウム投影機」として ギネスワールドレコーズに認定された。天の川の微細な星の一粒一粒までもミクロン単位の点の集合体として表現しており、星空の奥行まで感じられるリアルな星空が特徴。世界13ヶ国、37施設に設置されているほか、持ち運びができるモバイルプラネタリウムとして、イベントやアーティストのコンサート等で多く使用されている。

https://www.megastar.jp/about/

https://www.megastar.jp/products/

 

■「MEGASTAR-IIB」イベント用特別機

「MEGASTAR」シリーズの中型機。イベント用特別機として、最新の観測で得られた恒星データ(2018年4月に公開された「Gaia DR2」)を使用して作られた。シリーズ最多となる4200万個の星を投影可能。

 

■「超リアル流星投影機(仮称)」

実物の流星観測データをもとに、独自技術を駆使して新開発。従来のプラネタリウムでは忠実な再現が難しかった流星を、これまでにないリアルさで再現可能に。本展が初披露となる。

INFORMATION

■名称: TeNQ企画展 星の瞬く部屋 by PLANETARIUM MEGASTAR
■期間: 2021年2月4日(木)~4月18日(日)3月12日(金)~5月9日(日)※緊急事態宣言のため会期変更
■場   所: TeNQ内 企画展示室
■料   金: TeNQ入館料に含む
■企画制作: 有限会社 大平技研
■本企画展へのお客様からのお問合わせ先: 宇宙ミュージアムTeNQ TEL.03-3814-0109

NEWS に戻る