Miryang Arirang Space Observatory / 密陽アリラン宇宙天文台(韓国)

Miryang Arirang Space Observatory (密陽アリラン宇宙天文台)は2020年3月にオープンした(新型コロナウイルスの影響で実際は5月21日開館)新設の天文台。同じく新設されたNational Miryang Weather Science Museum(国立密陽気象科学館)と同敷地内にあり、天文と気象を両方学べる韓国でも唯一の施設です。星の観察やプラネタリウム、充実した展示により、太陽系外惑星や地球外の生命について学ぶことができます。

直径14mのプラネタリウムドームを備えています。光学投影機「MEGASTAR-IIA」(大平技研)とデジタルプラネタリウム「SkyExplorer」(RSA Cosmos)とのハイブリッド式投影は世界初の事例で、統合されたインターフェースによりスムーズな操作が可能です。光学式の惑星たちはコンソールの後ろ側から投影されます。

システムインテグレーターはMETASPACE(韓国)です。

※2020年5月21日開館式、5月21日からは新型コロナウイルスの影響のため、回数や人数を制限しての運営となります。

 

INFORMATION

施設名称 :Miryang Arirang Space Observatory / 密陽アリラン宇宙天文台(韓国)
所在地 : (50420), Miryang-Daegongwonro 86, Miryang-si, Gyeongsangnam-do, Republic of Korea
電話: +82-(0)55-359-5855~7
機種: MEGASTAR-IIA (ES)、5惑星投影機
ドーム直径: 14m 傾斜ドーム
座席数:99席
システムインテグレーター: METASPACE(韓国)
納入年月日: 2020年3月(新型コロナウイルスの影響でオープンは5月に延期)

WORKS に戻る