News ニュース

サウンドプラネタリウム〜天空の鏡に響く、ハイレゾの歌〜 2015/12/18〜2016/2/14 銀座ソニービル8F OPUS

2015/12/05

東京・銀座 ソニービル 8F OPUS(オーパス)で、ソニー株式会社、株式会社ソニー・ミュージックレーベルズと共に、「MEGASTAR」とハイレゾリューション・オーディオ(以下、ハイレゾ)音源※1を融合させたイベント「サウンドプラネタリウム〜天空の鏡に響く、ハイレゾの歌〜」を開催します。

3年目となる今回は、誰もが一生に一度は見たい絶景地としても知られている、天空の鏡・ウユニ塩湖※2の星空をイメージしています。ナビゲーターは、透き通った歌声で想いを届けるアーティストmiwa。奇跡の星空へとご案内いたします。
美しい映像と「MEGASTAR-II」で、無数の星々が煌めく天空を再現。また、今回は床に黒い鏡面パネルを敷き、従来の天井・壁面だけでなく、床面にも星とCG映像が映り込む視覚効果を取り入れることにより、空間全体が星空に包まれているような感覚を実現しました。

楽曲は、ナビゲーターを務めるmiwaをはじめ、幅広い世代から愛されているマライア・キャリー、マイケル・ジャクソン、JUJUの計4アーティスト、全6曲。イベント期間を前半と後半に分けて3曲ずつ異なる楽曲での演出となる予定です。ソニーのスピーカーの最上位機種であるリファレンスモデル“R”シリーズ「SS-AR1」2台と、高品位な音楽再生を目指した“ES”シリーズのステレオアンプ「TA-A1ES」を使用し、プラネタリウムとの華麗なハーモニーで天空の世界をお楽しみいただけます。

更に今回は、ソニーDADCジャパンと大平貴之が共同開発した世界最多となる10億個以上の星の投影を可能にする、プラネタリウム「MEGASTAR」用の超精密恒星原板「GIGAMASK(仮称)」を1F エントランスホールにて世界で初めてお披露目いたします。

神秘的で鳥肌の立つようなプラネタリウムの演出とともに、迫力のあるハイレゾ音源をお楽しみいただけるイベントとなっています。

 ※1 ハイレゾリューション・オーディオ音源とは、一般にD(44.1kHz/16bit)、およびDAT(48kHz/16bit)を超える情報量(サンプリング 周波数、もしくは、ビット数のいずれかにおいて)を持つ、PCMやDSDフォーマットの音源を指します。
 ※2 ウユニ塩湖はボリビア中央西部にある塩の大地で、広さは秋田県と同じくらいで標高は約3700m。雨季には地面が鏡のようになり、空の色が反響して上下対照の不思議な光景を生み出す。


   イベント名:サウンドプラネタリウム 〜天空の鏡に響く、ハイレゾの歌〜
   開催期間:2015年12月18日(金)〜2016年2月14日(日) ※2016年1月1日(金・祝)除く
   開催時間:11:00〜19:00 ※入場無料・入退場自由
          ※2015年12月31日(木)、2016年1月2日(土)・3日(日)11:00〜18:00
   開催場所:東京・銀座 ソニービル8F コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)

  
   

ニュース

Archive

お問い合わせ

常設施設

関連書籍のご紹介