News ニュース

ニュースプレスリリース

プラネタリウム「MEGASTAR」の新機種を開発 第1号機を三菱自動車工業・名古屋製作所岡崎工場に納入

2015/10/27

151027press_mitsubishi.jpg有限会社大平技研(代表取締役:大平貴之、本社:神奈川県横浜市、以下大平技研)はプラネタリウム「MEGASTAR(メガスター)」シリーズの新機種を開発し、三菱自動車工業株式会社(取締役会長兼CEO:益子修、本社:東京都港区、以下三菱自動車工業)名古屋製作所岡崎工場(愛知県岡崎市)の工場見学施設に納入致しました。

三菱自動車工業が名古屋製作所岡崎工場の生産能力拡大に伴い工場見学施設をリニューアルしました。その中で、今春増設した電動車両用充電器で充電中のお客さまに向けて同工場の製品である『アウトランダーPHEV』の魅力を発信する場として、給電機能を活用したアウトドア空間などを演出。全体プロデュースは株式会社内田洋行(代表取締役社長:大久保昇、本社:東京都中央区)、企画設計はパワープレイス株式会社(代表取締役:江森誠一、本社:東京都中央区)が担当し、大平技研は直径6mのゲル(遊牧民の移動式住居)を模したドーム内に、新開発となる小型プラネタリウム投影機とデジタル投影システムを設置しました。上映作品も大平技研が新規制作し、100万個以上の恒星による満天の星と岡崎で見上げる四季の風景を再現しています。

2015年10月12日には新見学施設内覧会を開催。式典には、名古屋製作所長の豊國真也氏や岡崎市関係者、近隣住民、大平技研代表取締役でプラネタリウム・クリエーターの大平貴之など多数が列席し、施設の完成を祝いました。

なお、今回納入した新型プラネタリウムについての詳細は、別途発表を行う予定です。

※三菱自動車工業のプレスリリースはこちら
※大平貴之は三菱自動車工業の「見上げるプロジェクト」にも登場しています。


【有限会社 大平技研】
大平貴之が個人開発したプラネタリウム投影機「MEGASTAR」シリーズの開発、販売、および、星や宇宙をテーマにしたイベントの企画、運営を行っている。これまで不可能と言われていた場所にも星を届けるべく、常に新技術の開発に力を注いでいる。
住所:〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4489-1
TEL: 045-507-3531  FAX: 045-507-3532 URL: http://www.megastar.jp/  
担当:企画広報 大渡恵子  
E-mail: pub@megastar.jp (全角を半角に変えてください)

【三菱自動車工業 岡崎工場】
 名称:三菱自動車工業株式会社 名古屋製作所 岡崎工場
 住所:愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地
 製作所長:豊國真也氏
 生産車種:『アウトランダーPHEV』『アウトランダー』『RVR』
 1977年 岡崎工場完成、『セレステ』『ギャランΛ(ラムダ)』生産開始
 1985年 岡崎工場生産累計100万台達成
 1991年 『RVR』生産開始、岡崎工場生産累計200万台達成
 1998年 岡崎工場生産累計300万台達成
 2008年 岡崎工場生産累計400万台達成
 2013年 『アウトランダーPHEV』生産開始
 2014年 11月14日 岡崎工場生産累計500万台達成

151027press_mitsubishi_2.jpg


プレスリリースのPDFはこちら→20151027pressrelease_ohiratech_mitsubishi.pdf

ニュース

Archive

お問い合わせ

常設施設

関連書籍のご紹介