News ニュース

ニュースプレスリリース

東京都内初!! 東大和市立郷土博物館にMEGASTAR-IIBを納入 3 月15日リニューアルオープン 「大平貴之講演会」や「プラネタリウム演劇&トークショー」も開催

2014/03/03

140303press_higashiyamato_IIB.jpg有限会社大平技研(代表取締役:大平貴之、以下大平技研)は、中型ドーム向けプラネタリウム投影機MEGASTAR-IIB(メガスター・ツー・ビー)を※1東大和市立郷土博物館(東京都東大和市)に納入致します。小型太陽・月投影機とのセットで、投影星数は1000万個。同機種としては東京都内で初めて、国内では6機目、海外も含めますと10機目の設置となります。デジタル投影システム「HAKONIWA3」(株式会社リブラ)によるデジタルプラネタリウム「ステラドームプロ」(株式会社アストロアーツ社)とのハイブリッド構成で、多彩な演出が可能となります。

MEGASTAR-IIBは、プラネタリウム・クリエーター 大平貴之(大平技研、代表取締役)によって生み出されたスーパープラネタリウム・MEGASTARシリーズの中型ドーム(直径10〜16m)向け機種です。業務用プラネタリウムとしては世界で初めて超高輝度白色LED光源を採用し、MEGASTARならではの美しくリアルな星空を再現しつつ、きわめて長い寿命を生かして低ランニングコスト・低消費電力化を実現したエコロジー仕様となっております。

今回のリニューアルにより、旧投影機に比べ星の数は1000倍以上、消費電力も大幅に削減され、ランプ交換作業が数年にわたり不要となります。
カラーは同館用に新たにオリジナルカラーを作成。MEGASTARお馴染みの玉虫色で、ブルーからグリーン、イエローに変化します。

140303press_higashiyamato_megatto.jpgまた、リニューアルを記念して、同館プラネタリウムのオリジナルキャラクター「メガットくん」が制定されました。

リニューアルオープンは3月15日。リニューアルイベントとして「大平貴之オープニング記念講演会」や演劇ユニット☆宇宙食堂による「プラネタリウム演劇&大平貴之トークショー」の他、様々な企画が予定されています。 

                                              
※1【東大和市立郷土博物館】
住所: 〒207-0031 東京都東大和市奈良橋1-260-2
TEL: 042-567-4800  FAX: 042-567-4166
URL: http://www.city.higashiyamato.lg.jp/index.cfm/35,0,366,html


【本件に対するお問合わせ先】
(有)大平技研  
企画広報:大渡恵子
〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4489-1
TEL: 045-507-3531  FAX: 045-507-3532
URL: http://www.megastar.jp/ 
E-mail: pub@megastar.jp (全角を半角に変えて送信してください)


プレスリリースのPDFはこちら → 140303press_higashiyamato.pdf

ニュース

Archive

お問い合わせ

常設施設

関連書籍のご紹介