News ニュース

新年MEGASTAR上映 プリンスホテル2ヶ所で開催!

2008/12/25

tenmonnen_LogoB_port_72dpi.jpg
昨年に引き続き、今年もグランドプリンスホテルにて新年メガスター上映を行います。
今回は、新高輪と芝パークタワーの2ヶ所同時開催!全国からプロ解説員を招聘しての生解説(パークタワー)、および、大平自身の解説(生解説ではありません)によるオリジナルオート番組「天の川の果てを求めて」(新高輪)を行います。
2009年はガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡を夜空に向け、宇宙への扉を開いてから400年という節目の年にあたります。「世界天文年」に定められた2009年は、世界中で天文に関する様々なイベントが開催されますが、その幕開けをMEGASTARが飾ります。
また、両会場では、12月25日に発売になったばかりの家庭用プラネタリウムのフラッグシップモデル「ホームスターEXTRA」をはじめとしたホームスターシリーズ、大平貴之の著書「プラネタリウムを作りました。」などのグッズ販売も行う予定です。ホームスターと著書はいずれも大平の直筆サイン入りです。ぜひご来場ください。
                                 (世界天文年2009日本委員会公認イベント)


【グランドプリンスホテル新高輪】 
大平貴之プロデュース、特別オート番組「天の川の果てを求めて」(生解説ではありません)。今回のために作成したオリジナル番組をお楽しみください。
   開催日:2009年1月1〜3日
   チケット販売:当日10:00〜(先着順)
   上映スケジュール:11:00/12:00/14:00/15:00/16:00/18:00/19:00〜19:30
   機種:MEGASTAR-I(投影星数410万個)、直径10mエアドーム
   料金:(ニューイヤープランご宿泊者)¥500−/(一般)¥1,000−
   定員:各回40名
※今回、新高輪会場ではノイズキャンセリングヘッドホンを使用し、座席による聞こえ方の差や雑音の影響を受けない理想的なサウンドでお楽しみいただきます(協力:国立極地研究所)

詳細情報はこちら→
http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/plan/newyear/event_takanawa.html 
または
http://www.princehotels.co.jp/takanawa-area/event/newyear/ (「催しもの」のページをご覧ください)


【ザ・プリンス パークタワー東京】
プラネタリウム界選りすぐりの名解説員たちによる、個性豊かな生解説と、直径15mの大型エアドームを使ったMEGASTAR-II Titan(投影星数530万個)による迫力ある星空をお楽しみください。各地科学館のプラネタリウムでの生解説や天文書籍の執筆など、第一線で活躍されているベテランの人気解説陣が、MEGASTARの星空をどう紹介するかが見所といえるでしょう。
解説員は以下の4名…………………………
   遠山御幸氏(横浜モバイルプラネタリウム代表、元横浜こども科学館)
   渡部義弥氏(大阪市立科学館)
   甲谷保和氏(川崎市青少年科学館)
   渡辺真由子氏(千葉市科学館)
※各回交代で投影を行います。解説員指定の予約はできません。ご了承ください。

   2008年12月31日  チケット販売:当日14:00〜(先着順)
                  上映:15:00/16:00/17:00〜17:30
   2009年1月1〜2日  チケット販売:当日10:00〜(先着順)
                  上映:11:00/12:00/14:00/15:00/16:00/17:00〜17:30
   2009年1月3日    チケット販売:当日10:00〜(先着順)
                  上映:10:30/11:30/12:30〜13:00
   機種:MEGASTAR-II Titan(投影星数530万個)、直径15mエアドーム
   料金:(ニューイヤープランご宿泊者)¥500−/(一般)¥1,000−
   定員:各回60名さま

詳細情報はこちら→http://www.princehotels.co.jp/parktower/newyear/newyear_plan/#event 

ニュース

Archive

お問い合わせ

常設施設

関連書籍のご紹介