MEGASTAR Event メガスターイベント

メガスターイベント事例紹介

手塚治虫のコスモゾーンシアター

  • コスモゾーンシアター
  • 大勢の人が見に来てくれました。
  • シアター内部
  • ポスター
  • 手塚治虫のイラストが星空に
  • コスモゾーンシアター正面

コスモゾーンシアター

2005年、35年ぶりに日本で開催された日本国際博覧会(愛知万博)。そのサテライト会場(ささしまサテライト)にて、MEGASTAR-IIのロングラン上映が行われました。
「手塚治虫のコスモゾーンシアター」と名付けられたパビリオンでは、MEGASTAR-IIの作り出す500万個の星空と、手塚治虫さんの世界が融合、世界平和と環境保護を願うメッセージが発信されました。愛知万博という晴れ舞台で、最新機「Titan」の初お披露目となり、大平技研が自主開発した全天周デジタル映像システム(OGDS)を駆使した美しい映像が、お客様を感動の世界に誘いました。

開催データ
イベント名手塚治虫のコスモゾーンシアター
開催期間2005年3月18日〜9月25日
開催地愛知万博ささしまサテライト会場(De.La.Fantasia)
主催名古屋市・グループファンタジア(東急不動産・ホールネットワーク・サノヤス・ヒシノ明昌・竹中工務店・新東通信・i-works)
定員200名
ドーム直径直径18m 平型吸気式ドームスクリーン
使用機種MEGASTAR-II Titan
番組制作田島秀樹事務所、手塚プロダクション
出演手塚るみ子(ナレーション)他
補助機器OGDS-II全天周デジタル映像システム、4chサラウンド音響
オペレーションフルオートオペレーション
  • 事例紹介トップへ

お問い合わせ

常設施設

関連書籍のご紹介